車 ローン

車ローンが残っていても大丈夫?

車,ローン

 

 

車は高い買い物です。

 

その為、ローンを組んで購入するという方も多いのではないでしょうか。

 

では、万が一、ローンの途中で車を売却するようなことになった場合、ローンが残った車というのは買取りをしてもらえるのでしょうか。

 

ローンが残っている車の多くは所有者がディーラーか車のローンを組んでいる会社となります。
ローンが残っている車を売却するのであれば、そういった所有している会社にローン残金を一括返済し、所有権を自分にする必要があります。
所有権が自分にない車を勝手に売却することは出来ません。
このような手続きについては買取り業者が代行してくることがありますので査定の際に相談をする必要があります。

 

査定金額がローンの残高に足りていればよいのですが、残高に足りないというケースもあるでしょう。
そういった場合、残りのお金を用意して、ローンの完済をする、もしくは、残金を新しくローンとして組み直すといった方法があります。

 

ローンを組み直す場合、ディーラーなどで車を購入した場合、一括返済しか認めていないローン会社が多く、組み直しは難しいようです。
もしも、そういった事になるようでしたら、買取り業者・ローン会社に相談をすることをお勧めします。
ローンの処理についてしっかりと相談した上で売却をしましょう。

 

また、新しく車を購入する場合、残ったローンを返済していなければWローンとなります。
自分の返済能力についてしっかりと考えてから購入を検討しましょう。

 

 

 

>>ローンが残っていてもできる中古車買取


ローンが残っている場合関連ページ

必要書類について
車売却時に必要な書類はいくつかあります。また必ずしも必要ではありませんが、あると査定の印象が良くなる書類もあります。
契約から車を売却するまでの流れ
契約が成立してから売却が終わるまでの流れについて、必要な書類等と合わせてご説明しています。
名義変更について
車を売却する時は、車の名義変更が必要となります。業者が代理で行なってくれますが、オークションの時は自分で行うことになります。
税金について
車を売却した時には、返ってくる税金もありますので、忘れずにチェックしましょう。