査定 必要書類

車売却時に必要な書類とは

査定,必要書類

 

 

車を売却となると、多くの方が査定を受ける事になるでしょう。

 

そういった場合、必要となる書類が揃っていないと、査定に響くどころか、買取りすらしてもらえないこともあります。

 

必要な書類が揃っているか査定を受ける前に必ず確認するようにしましょう。

 

まず、車検証についてです。
車検証は全ての車が保管しているものです。
車検が切れたものであってもそれは車検の有効期限が切れただけであり、車検証を保管しておく事には変わりありません。

 

 

車検証には所有者の名前や車両番号などが記載されています。
この車検証によって査定の際に、所有者であるかどうかの確認がされます。
また、車の車検の期限やグレードなどの情報も載っていますので、非常に重要な書類となるのです。

 

また、納税証明書も大切です。
納税証明書は自動車税をきちんと払っているかどうか確認するものです。
この証明書は車検を受ける際にも必要となりますので、多くの場合、車検証と一緒に保管していることが多いのではないでしょうか。

 

軽自動車の場合は軽自動車納税証明書となります。

 

査定を受ける場合、ほとんどのケースで運転免許証の確認と印鑑が必要となりますので、こちらも前もって準備をしておきましょう。

 

あるとよいとされる書類としては整備記録や車の取扱説明書、車の保証書などです。
これらの書類が揃っていると、査定の際に印象がよくなると言われています。

 

こういった書類は正確な査定をしてもらうために大切なことです。
特に、車検証や納税証明書は必須です。

 

 

>>車売却前の予備知識


必要書類について関連ページ

契約から車を売却するまでの流れ
契約が成立してから売却が終わるまでの流れについて、必要な書類等と合わせてご説明しています。
名義変更について
車を売却する時は、車の名義変更が必要となります。業者が代理で行なってくれますが、オークションの時は自分で行うことになります。
税金について
車を売却した時には、返ってくる税金もありますので、忘れずにチェックしましょう。
ローンが残っている場合
車のローンが残っている場合でも、車の売却はできるのでしょうか?