契約 流れ

車売却までの流れについて

契約,流れ

 

査定を受け、自分の納得のいく金額が出たら、車を売却する契約をすることとなります。

 

車の売却の際には必要となる書類がいくつかありますのでまずはそれからご説明したいと思います。

 

普通自動車を例にご説明します。
普通自動車の場合、必要となる書類は車検証、納税証明書、自賠責保険証です。
この3つは必ず必要となる書類です。

 

買取り業者側からは譲渡証明書と委任状を渡されます。
これは買取り業者が車を売却する際に、売り主から譲り受けたことを証明する書類と、それらの手続きに関して委任されたことを証明する書類となりますので契約の際には必ず書く書類となります。

 

また、普通自動車ですので実印が必要となります。
普通自動車は購入時も実印が必要となりますが、売却時にも同様の事が言えます。
実印が必要である為、当然ですが印鑑証明も必要となりますので事前に準備をしておきましょう。
ちなみに軽自動車の場合は実印を必要としませんので、契約としては軽自動車の方が簡単だと思います。

 

また、引っ越しなどをしたケースでは車検証と印鑑証明の住所が違うという事があるようです。
そういった場合は住民票が必要となりますので用意します。
何回も引っ越しをしているのであれば、住民票の除票も一緒に準備しておくとよいでしょう。

 

女性の場合、結婚して名字が変わっているということもあると思います。
そういった場合は戸籍謄本が必要となることもあります。

 

車を引き渡すのは当日というケースがほとんどです。
これは時間が経つ事によって車の状態が変わり、再査定をする必要が出てくるからです。

 

 

>>車の売却を考え始めたらチェック!


契約から車を売却するまでの流れ関連ページ

必要書類について
車売却時に必要な書類はいくつかあります。また必ずしも必要ではありませんが、あると査定の印象が良くなる書類もあります。
名義変更について
車を売却する時は、車の名義変更が必要となります。業者が代理で行なってくれますが、オークションの時は自分で行うことになります。
税金について
車を売却した時には、返ってくる税金もありますので、忘れずにチェックしましょう。
ローンが残っている場合
車のローンが残っている場合でも、車の売却はできるのでしょうか?