中古車 名義変更

車の名義変更とは

中古車,名義変更

 

 

自分が売却した車を次の購入者が使用する為に必要なのが名義変更です。

 

名義変更を行わないと後々に様々なトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、しっかりと行うようにしましょう。

 

下取り、買取りの場合は名義変更は業者が行ってくれます。

 

業者と車を売却する契約を行う際、委任状を書く事となります。
この委任状によってそういった変更手続きを業者へ委任する事となりますので、自分で名義変更をする必要はないのです。
その場合-必要な書類なども業者の方から教えてくれますので、しっかりと書類を準備しておけば問題はありません。

 

自分で名義変更をする必要があるのはオークションを利用した場合、または知人同士などで車を売買した場合です。
名義変更をする時には売り手と買い手が同時に行うことがベストです。
しかし、仕事の都合などによりなかなか難しいのではないでしょうか。
その為、多くのケースでは買った側が名義変更の手続きをする事となるようです。

 

普通自動車の場合の名義変更では、買った方の住所を管轄している警察暑で車庫証明を取得する必要があります。
その後、陸運局での手続きとなります。
軽自動車の場合も同様の流れですが、手続きを行う場所は軽自動車検査協会となりますので注意して下さい。

 

名義変更は自分でやるとなるとかなりの時間を必要としますし、手間もかかります。
そういったことからかオークションで個人売買をした場合、買った側が名義変更を行っていない為のトラブルが多発しているようです。

 

 

>>愛車、いつ売るの?今でしょ!


名義変更について関連ページ

必要書類について
車売却時に必要な書類はいくつかあります。また必ずしも必要ではありませんが、あると査定の印象が良くなる書類もあります。
契約から車を売却するまでの流れ
契約が成立してから売却が終わるまでの流れについて、必要な書類等と合わせてご説明しています。
税金について
車を売却した時には、返ってくる税金もありますので、忘れずにチェックしましょう。
ローンが残っている場合
車のローンが残っている場合でも、車の売却はできるのでしょうか?