車売却 税金

返ってくる車の税金について

車売却,税金

 

 

みなさんは車の税金についてご存知ですか。

 

車を売却した際には返ってくる税金もありますので、車を所有する為に必要となる税金についてきちんと理解しておくことが大切になります。

 

まず、車の税金には3種類あります。
普通自動車の例を挙げてみていきたいと思います。

 

まず、自動車税についてです。
自動車税は4月1日時点の所有者に課せられる税金です。
この自動車税は1年分を5月に前もって納税する事となります。その金額は排気量によって異なります。

 

自動車取得税という税金もあります。
自動車取得税の場合、新車や中古車など新しく車を購入した時に必要となる税金です。
これは車の購入の際に、一緒に支払ってしまうことの方が多く、見積もりの中に含まれているケースがほとんどです。

 

また、自動車重量税は新規の車の登録を行う時、また、車検を受ける際に必要となる税金です。
新規の車として登録する際には見積もり書に書かれています。
また、車検の場合も同様で車検の見積もりを依頼すれば見積もりの中に書かれていることが多いと思います。

 

自動車税、自動車取得税、自動車重量税の3種類が車に必要な税金となります。
では、この中で返ってくる税金はどれなのでしょう。
それは自動車税です。自動車税は前述した通り、1年分を前払いしています。
その為、支払いをした後に車を売ったり、廃車にした場合、月額で計算され、戻ってくるのです。

 

ただし、軽自動車は戻ってきません。
軽自動車の自動車税は年額で請求されるので月割りされないのです。

 


税金について関連ページ

必要書類について
車売却時に必要な書類はいくつかあります。また必ずしも必要ではありませんが、あると査定の印象が良くなる書類もあります。
契約から車を売却するまでの流れ
契約が成立してから売却が終わるまでの流れについて、必要な書類等と合わせてご説明しています。
名義変更について
車を売却する時は、車の名義変更が必要となります。業者が代理で行なってくれますが、オークションの時は自分で行うことになります。
ローンが残っている場合
車のローンが残っている場合でも、車の売却はできるのでしょうか?