外装 内装

第一印象は外装と内装で決まる?!

外装,内装

 

 

外装、内装は車を売却する際には、重要なポイントとなります。

 

やはり、車を購入する方の多くがまずは、見た目から車が欲しいかどうか判断します。

 

人の視覚から受ける印象というのはやはり重要でしょう。

 

第一印象が良い車の方が多くの方の目に留まりやすいのではないでしょうか。

 

では、外からの見た目である外装から考えていきましょう。
車は基本的に外に置いている方が多いと思います。

 

高級な車をお持ちの方の場合は、ガレージやシートをかぶせて保管しているという方もいるかもしれませんが、多くの場合、あまりそういったケースはないのではないでしょうか。
その為、年月が経てばたつほど、外装のボディの色は褪せていきます。

 

シートなどで保護をしていても、普段乗るときはシートを外さなければ乗れませんから、やはり色褪せなどが目立つようになります。
また、外を走っていると小さな小石などがボディにあたりますので、目立たないような小さな傷も増えていきます。

 

内装については飲み物のこぼした跡がシミになっていたりと目に見える部分で汚れは意外にもあります。
また、古くなればエアコンの効きも悪くなってきますし、オーディオの調子も新品に比べればあまりいいとは言えないでしょう。

 

こういった点から査定の前には外装、及び内装の掃除をしておくことをお勧めします。
ます、外装は洗車をしましょう。
やはり、見た目が悪い車は査定の際にも印象が悪くなります。

 

また、内装についてはシートの裏など細かい部分までしっかりと掃除をしましょう。

 

 


外装と内装について関連ページ

整備手帳について
車の整備歴を記した整備手帳は査定をするのに有効な情報源となります。
事故歴に注意
もし事故歴があったとしても正直に申告しましょう。
装備品や特別仕様車について
装備品や特別仕様車によって査定額も変わります。
純正品の必要性について
純正品は取り外したとしても大切にとっておくことが査定額アップにつながります。
足回りもチェック
車の足回りで査定額が下がることがありますので気をつけましょう。
普段のお手入れについて
車を長く乗り続け高値で売るためには、普段からのお手入れが欠かせません。
軽自動車が有利な理由とは
中古車市場では軽自動車の需要が高く車査定にも有利と言われています。