査定 事故歴

事故歴は申告しましょう

査定,事故歴

 

 

車を運転していると事故に巻き込まれる可能性は誰しもあります。

 

自分が気を付けていても相手からぶつかってきてしまったなども事故になります。

 

そういった、過去に事故をおこしたことのある車は事故車と呼ばれ、査定の時には大きな影響を与えます。

 

事故車といってもかすり傷程度では事故車とは呼びません。大きく形が破損してしまったり、フレームが曲がってしまったなどの大きな修理が必要となった場合です。

 

この事故歴を査定の際に隠す方がいますが、それはあまりお勧めできません。
査定の方もプロですから、よく見れば修理のあとなんかは分かってしまうものです。

 

売却された車は店舗に持ち帰った後にもう一度、見直されます。
多くの場合、査定時に気が付かなくとも、再度の確認時には修理のあとはわかってしまうのだそうです。
そういった場合、トラブルになる可能性もありますので、始めから正直に申告しましょう。

 

また、中古車で購入した場合は自分ではなく、前のオーナーが事故を起こしていたことを知らなかったという事も時折、あります。
それをそのまま売却してしまい、後々、指摘されたというケースも稀にあるようです。そういった事にならないよう、査定の際に、買取り業者側としっかりと話し合いをしておくべきだと思います。

 

事故歴を隠すことは査定の金額を下げるだけでなく、信用にもかかわります。
自分に不利な情報だとわかっていても素直に申告し、少しでも気持ちよく車を売却できるようにしましょう。

 

 

>>安心車査定のご案内


事故歴に注意関連ページ

整備手帳について
車の整備歴を記した整備手帳は査定をするのに有効な情報源となります。
装備品や特別仕様車について
装備品や特別仕様車によって査定額も変わります。
純正品の必要性について
純正品は取り外したとしても大切にとっておくことが査定額アップにつながります。
外装と内装について
車の査定時の外装と内装の気をつけたいことについてご説明しています。
足回りもチェック
車の足回りで査定額が下がることがありますので気をつけましょう。
普段のお手入れについて
車を長く乗り続け高値で売るためには、普段からのお手入れが欠かせません。
軽自動車が有利な理由とは
中古車市場では軽自動車の需要が高く車査定にも有利と言われています。