ワンオーナー

ワンオーナーは評価が高め!

ワンオーナー

 

 

車の売却をする時には、買取り側にワンオーナーであるかどうか聞かれます。

 

ワンオーナーとは自分以外、この車を所有したことがない状態です。

 

つまり、自分が新車で購入し、車を売却するのであればワンオーナーであるといえます。

 

ワンオーナーである方が車を売却する際には高い金額がつきやすいとされています。
やはり、多くの人の手を渡ってきた車というのは自分の前の人がどういった乗り方をしていたのかわかりませんし、それが複数であると尚更です。
その為、ワンオーナーであるという点は車に関する信用度としても高い評価を受けるのです。

 

また、自分の前のオーナーがどういった乗り方をしてきたのかわかりますので、買う側が車を選ぶ時の指標にもなるのです。
結果、買い取りの査定を受ける際にも評価として金額に表れやすいのです。

 

実際に、中古車を購入する方の多くがワンオーナーを希望するそうです。
やはり、車に乗るのであれば安心して乗りたいという方がほとんどではないかと思います。
そういった場合、ワンオーナーであることは安心して乗れることの直結するのではないでしょうか。

 

査定の際、ワンオーナーであることを証明する為には、ディーラーの保証書といった書類が必要となります。
新車を購入した際には必ず分かる場所に保管しておくようにしましょう。
それがあると買取り側も安心して査定する事が出来ます。

 

車の売却を決めた際、この保証書は必ず、用意しておくようにしましょう。
この保証書がない場合、評価をしてくれない買い取り業者もあるようです。

 

 

>>車の売却を考え始めたら


ワンオーナーであること関連ページ

キズやヘコみは修理したほうが高く売れる?
車のキズやヘコみは直したほうが高く売れるのでしょうか?
車の売却時期はいつがよい?
車を売るなら時期はいつがよい?
車検切れは車の売却価格に影響するのか?
車検が切れそうな場合、車検を通したほうが車は高く売れる?
車種とカラーについて
車種によって査定額は大きく変わります。また、同じ車種でもカラーによって額に差が出ています。
年式について
年式は新しいほど良いのが、車の売却です。