車検切れ 車 売却

車検を通したほうが車は高く売れる?

車検切れ,車,売却

 

車に乗る為には、必ず車検に通す必要があります。
法定点検ということで2年に1度、車検に通し、車を安全に乗れるよう、法律で定められていることはみなさんも良くご存知のことかと思います。
車の売却を考えた際、車検が残っている状態で売却をするという方もいるでしょう。
逆にぎりぎりまで乗って、売却するという方もいると思います。
では、査定の際に車検の残り期間というのは何か影響があるのでしょうか。

 

一般的に車検の残り期間が長いほど、査定額に少なくとも影響があると言われています。
やはり、車検を通すのにはお金がかかります。
費用として安くとも3万円から5万円ほどは必要でしょう。
しかし、車検が残っている期間が長いのであれば次の車検までにこういった費用を貯めることも出来ますし、余裕も出来ます。
特に大きな車や外車は車検にかかる費用もかかりますので、買う側としては車検期間が残っているほうがメリットとしては大きいと思います。
その為、すぐに買い手がつきやすい車として買取り側も査定額をすこし上乗せしてくれるという事は多くあります。

 

しかし、車を売る時期が車検ぎりぎりの為、車検を通してから車を売却するのはあまりメリットがありません。
車検を通したからといってその分の費用がそのまま返ってくるわけではありませんから、車検の残りが少ないのであればそのまま査定をしてもらった方が余計な出費をしなくて済むと思います。

 

結論として、車検の残り期間は査定額に影響はありますが、ぎりぎりであれば特に受けてまで査定に出す必要はないという事が言えます。

 

 

>>車の売却 どこがおすすめ?車査定のポイントを理解して高く売るコツ!


車検切れは車の売却価格に影響するのか?関連ページ

キズやヘコみは修理したほうが高く売れる?
車のキズやヘコみは直したほうが高く売れるのでしょうか?
車の売却時期はいつがよい?
車を売るなら時期はいつがよい?
ワンオーナーであること
売りたい車がワンオーナーかどうかは、買取金額に影響があるようです。
車種とカラーについて
車種によって査定額は大きく変わります。また、同じ車種でもカラーによって額に差が出ています。
年式について
年式は新しいほど良いのが、車の売却です。