ディーラー 売却

ディーラーに売る

ディーラー,売却

 

 

車を売却するところは様々です。

 

その中のひとつにディーラーでの売却があります。

 

車をディーラーに売却をするという事は、いわゆる下取りという形になります。

 

下取りはそのディーラーで新しく車を購入することを前提に今まで乗っていた車を売るというものです。

 

下取りの場合、車を売却した金額が手元に入るわけではなく、新しく購入する車の代金から下取りした金額が値引きされるという事になります。

 

下取りについて一般的に言われているのは買取り業者での買取りよりも損をするということです。
しかし、これには例外があります。
購入する車と売却する車が同じメーカであれば、買取り業者の買取りよりも下取り金額の方が高いことがあるのです。

 

特にいつも利用しているディーラーなどで車を購入するのであれば、交渉もしやすく、お店側も気持ちよく下取りを行ってくれるでしょう。
中古車市場では人気のない車種でも下取りを行う事で値段が上がるという事も良くある事なのだそうです。

 

下取りを利用するメリットとしては、新しい車の納車までは今、使用している車が手元にあるという点でしょう。
買取り業者へ依頼すると査定した日に引き渡しというケースが多く、新しい車が納車されるまで車がないという事になりやすいのですが、下取りの場合、こういったことはありません。

 

ただし、買取り業者では金額がつく車であっても、下取りでは年式の古い車や事故車などの場合は金額が付かないといった事もあります。

 

 

 


ディーラーで車を売却関連ページ

中古車買い取り業者で車を売却
車を高値で売りたいと考える人が多く利用するのが中古車買い取り業者です。
買取りと下取りについて
買取りと下取りの違いについてご説明しています。
オークションのメリットとは
車の売却方法の一つ、カーオークションのメリットとは何でしょうか。
オークションのデメリットとは
カーオークションのデメリットとは何でしょうか。