カーオークション デメリット

オークションのデメリットとは

カーオークション,デメリット

 

車を売却する際、オークションを利用する事で買取りや下取りよりも高い値段で売却できる可能性はあります。

 

しかし、その分、デメリットも多々あるのです。

 

まず、オークションに出品したからと言って、すぐに買い手がつくとは限りません。
自分が売りたいと思っていても売れない場合もあるという事を頭に入れておく必要があります。

 

その為、車を売却してすぐにお金に換えたいといった場合ですとオークションはあまり良い手段とは言えません。

 

しかし、オークションの最大のデメリットは個人売買であるという点でしょう。
車の売買について素人が行うので様々なトラブルがあるのです。
オークションへの出品の際、出品から受け渡しに必要な手続きなどは全て自分で行わなければなりません。

 

必要となる手続きの例でいえば名義変更などが挙げられます。
名義変更をきちんとしておかないと、自動車税の通知が自分の手元に届いてしまったり、落札者が名義変更をせずに事故を起こしてしまったなどなると何かと面倒が多いのです。

 

また、オークションは写真や説明分を自分で考えて落札者を募ります。
その為、現物を見ることが出来ないケースも非常に多く、売ってから調子が悪い、思っていたものと違うなどといったトラブルもあるようです。

 

オークションは買取りや下取りに比べ、確かに売却する金額は高くなります。
しかし、様々な手間やトラブルに巻き込まれるリスクを考えると慎重になるべきではないでしょうか。
こういったことをよく考えて出品を検討しましょう。

 

 


オークションのデメリットとは関連ページ

ディーラーで車を売却
車をディーラーに売ることを下取りと言います。
中古車買い取り業者で車を売却
車を高値で売りたいと考える人が多く利用するのが中古車買い取り業者です。
買取りと下取りについて
買取りと下取りの違いについてご説明しています。
オークションのメリットとは
車の売却方法の一つ、カーオークションのメリットとは何でしょうか。