買取り 下取り

買取りと下取りの違いって何?

買取り,下取り

 

車を売却する主な方法として代表的なのが買取りと下取りの2つです。

 

一見、似たような意味を持つように思われがちですが、この2つは全く違うものだという事を知っておく必要があります。

 

この2つの違いをしっかりと知る事によって自分が車を売却するのはどちらが良いのか判断する事が出来るでしょう。

 

買取りは簡単に言えば、車を売却し、現金化することです。
車を必要としなくなった場合や何かの資金として車を売却する時におすすめなのが買取りです。

 

下取りの場合は、今、使用している車を売却し、その金額を新しい車の資金にする事となります。
その為、現金化はされず、新しい車の金額から下取り金額を値引きするのが下取りの方法です。

 

こういった点を比べると、下取りの場合は新しい車を購入するのが前提となりますが、買取りの場合、現金化するので新しい車を購入するかどうかという点は問題になりません。

 

買取りや下取りを利用して新しい車を購入する場合、どういった部分で自分にとってより良い判断ができるのでしょうか。

 

まず、新しく購入しようと考えている車が、今乗っている車と同じメーカーのものであれば下取りをおすすめします。
同メーカーでの下取りは一般的に買取りよりも査定が上がりやすいとされています。
その為、買取りでの査定と下取りでの査定の両方をするとよいでしょう。

 

今、使用している車が新しく購入しようと思っている車とは別のメーカーの場合、買取りの方が有利になるかも知れません。
しかし、この場合、車が手元にない期間が出来てしまう可能性はあります。

 

 

>>車買取りの知識をつけるなら


買取りと下取りについて関連ページ

ディーラーで車を売却
車をディーラーに売ることを下取りと言います。
中古車買い取り業者で車を売却
車を高値で売りたいと考える人が多く利用するのが中古車買い取り業者です。
オークションのメリットとは
車の売却方法の一つ、カーオークションのメリットとは何でしょうか。
オークションのデメリットとは
カーオークションのデメリットとは何でしょうか。